no vehicle entry

『下乗・下馬』の立札

神社の境内で『下乗・下馬』という立札を見る事があると思います。これは『乗り物から降りること』を意味しますけれど、古くは神社や仏閣の境内などは 清浄で神聖な場所に入る時には 輿・馬・車などの全ての乗り物から降りることを示しています。そして中には『皇族下乗』の文字が刻まれた立札や石柱も見受けられます。これは明治5年に宗教関係を所轄していた教部省という省庁により定められたものの1つです。それほど神社は聖域として重んじられてきたのです。

小生も宮司として重く受止めなくてはなりません。

2015年12月18日 | カテゴリー : 宮司の徒然 | 投稿者 : shinguujinja