2月3日 焼納祭・節分祭

神社のおふだ・お守りは、期日を定めずに通年社務所授与所でお預かりしておりますが、注連縄・注連飾り・お正月の飾り物等はこの期間【2月3日まで】のみしかお預かりしておりませんのでご注意下さい(注連縄・注連飾り・お正月の飾り物等は、この期間以外に当社にお持ち戴いても原則としてお預かり出来ません)皆様方のご協力を切にお願い致します。

また、注連縄・注連飾り等はその大半がワラや紙などの大変に燃えやすい材質で出来ており、不審者が火をつけて火災になるといった事例が全国の社寺で発生している事から、当社としてもこの時期は境内の見回りを強化したり、防犯カメラで境内を監視するなど、地域の警察署・消防署・神社役員と共に連携してマナー(所定の場所以外、所定外に勝手に放置しないように)の徹底を呼びかけています。

そもそも、御神霊の宿っておられた神聖なものを、勝手に境内に捨てたり放置したりする事は神様に対してもとても失礼に当りますので、そのような行為は厳に慎むようご協力お願い致します。

当社の納め所で『お納めできるもの』と『お納めできないもの』は下記の通りです。お手数ですが、ご理解・ご協力の程、宜しくお願い致します。

【 お納めできるもの 】神社のおふだ・おふだの袋・お守り・おみくじ・破魔矢(御神矢)、注連縄・注連飾り・松飾り【ご注意 : お預かり期間中だけ】、神棚・神具・榊など。

【 お納めできないもの 】人形類、結納品、遺品、のし袋、お年玉袋、年賀状、カレンダー、アルバムや写真、書籍、表札、仏壇・仏具、写経、お寺のおふだやお守り、鏡餅やお供えのお餅、みかん、衣類、履物類、その他日用雑貨品など。

【 困っている物の取り扱い例 】ご自身でお塩をかけてお清めした上で処分する。お焚き上げ業者に依頼する。社務所にてお問合せいただきご社殿にてお祓いを受ける。(人形類、結納品、写真、表札、印鑑など)

【 お願い 】ビニール袋、紙袋、ダンボール箱等はお持ち帰り下さい。お寺や他宗教等、神社以外でお受けられたおふだ・お守りは、当該宗教施設にお返し下さい。お餅・干し柿・橙(だいだい)・みかん等の食品は、納め所には持ち込まないで有り難く戴いてください。尚、鏡餅を模ったプラスチック容器やその外箱なども、納め所には持ち込まないで下さい。これらは、ご家庭でゴミとして処分されて何ら差支えありません。皆様方のご協力を切にお願い致します。

 

2016年2月18日 | カテゴリー : 宮司の徒然 | 投稿者 : shinguujinja