6月1日 月始祭

6月に入りました。1日にはたくさんの皆様方に早旦からご参詣をいただきまして、心より御礼申し上げます。

小生も早旦より此の月の始めの祈りを懇ろに奉仕申し上げました。因みに、小生 難局にぶつかりがちの運気の曲がり角。梅雨の湿潤もあって心身ともに不安定でありますが、足元を見つめ直し自己研鑚と基礎固めの努力を・・・

なかなか言葉では簡単ですが、難しい事ですが日々成長ですね。

明日、6月10日は「時の記念日」ですが 近江神宮では「漏刻祭」か゛斎行されます。漏刻とは、わが国の時計の源である水時計の事と云われています。671年に天智天皇が漏刻を創設された。

日本書紀にある、「漏刻を新臺に置き、候時を打ち、鐘鼓を鳴らし、始めて漏刻を用ふ」時報開始の記念日である天智天皇の治世10年4月25日を太陽暦に換算すると6月10日となる。

大正9年この日を「時の記念日」として制定された。 今一度、時間を大切にと思うのは小生だけではないと思いますが、時は金なり です。

2016年6月9日 | カテゴリー : 宮司の徒然 | 投稿者 : shinguujinja