しがらき 茅の輪くぐり

氏子・崇敬者の皆様にお知らせです。

昨日、氏子総代さまが茅ノ輪を作成してくださいましたのでお知らせ致します。『 茅輪神事 』(ちのわしんじ)と読み、他に「 茅ノ輪くぐり 」とも言います。茅( ち=かや )は、茅萱( ちがや )菅( すげ )薄( すすき )等の総称【 邪気・災難を切り祓う霊力があるとされる神聖な植物 】で、この輪をくぐり越えて罪やけがれを取り除き、心身が清らかになるように祈るものであります。当社にとりましては、御祭神であります素盞嗚命【 すさのをのみこと 】様と非常にかかわり深い大切な儀式の1つであります。今日まで当社では、初めての試みでありますが明日の6月30日【 夏越の大祓 】まで設置【 拝殿前に 】致しております。今年は取敢えず「 茅ノ輪の正式なくぐり方 」の掲示はいたしませんが、茅ノ輪をくぐること自体にお祓いの意味がありますのでご心配には及びません。また茅ノ輪についての由来等はまた機会をみてお話させていただきます。

氏子・崇敬者の皆様 是非とも『 茅ノ輪くぐり 』にお参りください。

 

chinowa

 

2015年6月29日 | カテゴリー : 宮司の徒然 | 投稿者 : shinguujinja