夏越の大祓

当社も本日、夏越の大祓式を行い、氏子・崇敬者の皆さまからお預かりした 大祓人形を古式に則り、丹精をぬきんでてお祓い申し上げました。

【 水無月の夏越の祓(はらへ)する人は千歳(ちとせ)の命延(の)ぶといふなり  の古歌を詠んで、茅ノ輪(ちのわ)くぐりの儀を行いました。早旦から日中 そして 夕方の雨の中にも茅ノ輪くぐりにお越し頂きました。

夏越の大祓 全国の神社では大祓式が行われ、天皇陛下も皇居宮殿にて大祓の儀式を行われ、年の半ばを迎えるにあたり、神々の御神威を戴かれます、日本の国中がもっとも清らかになる日であります。

私達が日常生活で無意識のうちに犯した罪や、心身のけがれを祓い清める儀式で、平安時代からつづく、6月に夏越の大祓(なごしのおおはらい)と12月には年越の大祓(としこしのおおはらい)の2度、日本全国の神社でいっせいに行われております。お参りにお越しくださいました氏子・崇敬者各位に御礼を申し上げます。

 

chinowa02

2015年6月30日 | カテゴリー : 宮司の徒然 | 投稿者 : shinguujinja