御鎮座壱千三百年奉祝大祭

◎奉祝大祭記録ビデオの視聴はこちらをクリックしてください
◎御鎮座千三百年祭事業一覧はこちらをクリックしてください

奉祝大祭日程

前日祭 平成27年10月24日(土)
午後一時 祭  事 (御本殿)
午後二時 奉祝行事 (拝 殿)
  • 祭祀舞
  • 豊栄舞(トヨサカノマイ) 豊栄舞の歌  神社本庁神社讃歌 臼田甚五郎氏作詞
  1. あけの雲わけうらうらと  とよさか昇る朝日子を 神のみかげと拝めば その日その日の尊しや
  2. 地にこぼれし草の実の  芽ばえて伸びて美しく 春秋飾る花見れば  神のめぐみの尊しや
  • 舞 楽
  • 迦陵頻(カリョウビン) : 一名を「鳥」という。童舞で児童が舞う。飛び廻りながら銅拍子を打ち合わせる等、舞の手は簡単であるが愛らしく美しい舞である。祇園精舎の供養の日に極楽にいるといわれるめでたい霊鳥が飛んで来て舞った有様を舞とした。
  • 胡 蝶(コチョウ) : 一名を「蝶」ともいう。延喜年中 宇多上皇が子供の相撲を御覧になった時、藤原忠房が作曲、敦実親王が舞を作った。 背に蝶の羽を背負い右手に花を持って舞う。「迦陵頻」の番舞。
  • 萬歳楽(マン ザイラク) :  左方平舞。唐楽。文舞の代表的もので則天武后の作であるという。鳳凰が飛来し萬歳と鳴いたので、その声を象って作ったという。 即位礼の際に奏せられるお目出度い曲である。
午後三時
本 祭 平成27年10月25日(日)
午後一時 祭  事  
  • 祭祀舞
  • 浦安舞(ウラヤスノマイ) 昭和天皇御製 「天地の神にぞ祈る 朝なぎの海のごとくに波たたぬ世を」
午後二時 御神輿巡行 神幸祭 《御神輿》 氏子・京都神輿愛好会一同
  • 午後二時半 元宮周辺御旅所祭 ・旭 町(大日寺)
  • 御休所・陶生町(浄觀寺駐車場)
  • 御休所・松尾町(宗陶苑駐車場)
  • 午後五時頃 ・御神輿帰社後本殿にて還幸祭
 ※雨天の場合の御神輿巡行は、元宮周辺(大日寺)お旅所祭後、新宮神社に帰社します。
  午後二時半 奉祝行事 (拝 殿)     新宮神社奉祝大祭ポスター御神輿巡行予定表 奉祝大祭プログラム